毎日の生活に安らぎを。四季に合った美味しいお茶をお試し下さい。

  • HOME >
  • 自然と歴史のハーモニー

自然と歴史のハーモニー

常盤園茶舗

ときわ園は中山道とともに325年以上の歴史を持ちます。

貞享2年(西暦1685年)の記録によりますと、既に中山道沿いに家を構え、現在の当家の菩提寺も建立しております。天保14年(西暦1843年)の商業便覧には、7代前の『常盤屋惣右衛門(旅籠)』の記録も見られます。この惣右衛門に宛てられた江戸からの手紙には、「幕末のどさくさで武家屋敷の家財道具が格安」などという記載もあります。当時当店でお茶の取り扱いを始めていたことは容易に推測されます。

江戸時代には、深谷宿は旅籠80軒を含む中山道随一の宿場として栄えておりました。

現在一般的に飲まれている煎茶の歴史は約270年と言われております。

かつての商店は登録制で明治23年の茶商の登録証も残されております。

現当主は16代目として先代から受け継いだお茶の心を大切に、お茶を単に喉の渇きを癒す飲み物としてだけではなく、お茶を飲むひと時を、家族の団欒や、友との語らいや、ホッと一息つく安らぎの空間を織りなす心の渇きを癒す飲み物として皆様のお役に立てるものと考えております。


深谷

深谷市は埼玉県の北部、群馬県との県境に位置します。かつては、関東管領の上杉氏が居城を構え、その後は幕府の天領となり、五街道のひとつ『中山道』の69次のうちの京都から61番目、江戸から9番目の宿場町として栄えておりました。

典型的な商人の町だったため、今でも300年以上続く夏祭りや、町中に大きな杜のある滝の宮神社があります。
季節ごとに諸所の行事を大切に執り行い、60年以上も続く『七夕まつり』は毎年20万人もの観光客を集める最も大きなものとなっております。
500以上の企業の設立にかかわり近代経済の祖ともいわれる渋沢栄一翁の生地としても全国に名を響かせております。

近年では近隣の町との合併により『深谷ネギ』をはじめ農業の町として有名です。

Photo:ときわ園イメージ

合資会社常盤園茶舗/ときわ園

〒366-0822 埼玉県深谷市仲町1-15
Tel 048-571-0302
FAX/048-571-1776

営業時間/9:00~18:00(水曜休)
Email/tokiwaen@tokiwaen.com


▲ページの先頭へ戻る

Copyright(C) 埼玉県深谷市のお茶の常盤園茶舗/ときわ園 TOKIWAEN All Rights Reserved.